本文へスキップ

Z会幼児コース(通信教育)の習い事

Z会幼児コース(通信教育)の習い事を紹介!

幼児(年少・年中・年長)のための家通信教育「Z会」はおすすめ? 何歳から始められる? Z会幼児コースの特徴、メリット、受講費用、親の負担などの口コミを詳しく紹介します。実際に子供にZ会幼児コースを習わせて良かったことなどの体験談も紹介!

子供の習い事ガイド 子供の習い事 通信教育/教材 ≫ Z会幼児コース

Z会幼児コース(通信教育)

幼児(年少・年中・年長)向けの自ら学習に取り組む意欲と思考力を育ててくれる通信教育。

Z会幼児コース(通信教育)はおすすめ? 詳細と体験談の口コミ

Z会幼児コース(通信教育)は、子ども向けの通信教育の中でも少し難しくて敷居が高いと思われがちですが、実際にはそんなことはありません。

Z会は「あと伸び力を伸ばそう」とうたっているだけあり、基本となるワークブックの構成ももちろん、それ以外にも親子で取り組むことをテーマにした冊子もあり幼い頃からじっくり物事を考えさせる力を大切に作られています。

このページでは、実際に子供にZ会幼児コース(未就学児対象)を習わせている体験談・口コミ・感想を交えて、子供のZ会幼児コースの通信教育について、詳しく紹介します。

Z会幼児コースの学年別(年少・年中・年長)おためし教材無料プレゼント!

【このページの目次】

  1. メリット
  2. 教材の内容と特徴
  3. 適性と始める年齢
  4. 費用
  5. おすすめなのは?
  6. 親の負担
  7. Z会幼児コースの通信教育をさせて良かったこと

Z会幼児コース(通信教育)のメリットは?

Z会幼児コース(通信教育)のメリット

Z会幼児コースのワークブックは、同じような通信教育の教材と比べて、文字や数字の書き取りのペースはさほど早くはありません。

年少から始まる未就学児を対象としている幼児コースでは、自宅での学習なのにどんな小さな子でも、幼児教室などに通っているお友だちと同じように、考える能力がかなり鍛えられるということが一番のメリットと言えます。

  • 幼児幼児教室に本当は通わせたいと思っていたけれど、金銭的には難しい
  • 兄弟、姉妹がいて1人にだけ時間を割いてあげられない
  • 特に幼いうちは、親子で一緒にできる学習をさせてあげたい

そんな風にお子さんのことをしっかりと考えている保護者の方が、時間や金銭的な負担を少なくして、質の高い教育を受けさせられることも大きなメリットだと思います。

無料で資料とおためし教材をもらえます!

Z会幼児コースの学年別(年少・年中・年長)おためし教材無料プレゼント!


Z会幼児コース(通信教育)の教材の内容と特徴は?

基本となるワークブック「かんがえるちからワーク」が毎月届きます。

Z会幼児コース(通信教育)はどんなことをするの?

Z会幼児コースの通信教育では、基本となるワークブック「かんがえるちからワーク」が毎月届きます。

1ページごとに問題に取り組んでいく形のワークですが、Z会の幼児コースのワークの特徴は、知らない内に難しい問題に子どもを取り組ませている所にありました。

文字などの知識的問題だけではなく、例えば小学生でも少し考え込んでしまいそうな立体や図形の空間問題を、さり気なく毎回盛り込んできます。

幼児コースを受講している年齢(年少・年中・年長)だと、必ずしも解けないからダメだという訳ではありません。けれど自然と幼い頃からこういった高度な問題に触れていくカリキュラムは、自然とこどもの基礎学力の土台作りを促しているはずです。

国語的な分野でも、例えば4枚の絵のお話を順番に組み立て、どんなお話か一度考え、さらにお話の後はどうなったかを考え保護者に伝えるような問題になっています。

この何でもないことのような作業が、幼児コースを受講している年齢の子どもたちの思考力・想像力を大きく成長させてくれます。

私が子どもをとある幼児教室の体験に連れて行ったときも、この図形・立体の問題や、お話の問題など同じレベルのカリキュラムで授業が行われていました。

Z会の教材は、自宅学習のレベルを超えて子どもに学ばせることの出来る優れた通信教育の教材です。

親子で取り組む週末体験課題「ぺあぜっと」

Z会幼児コース(通信教育) 親子で取り組む週末体験課題「ぺあぜっと」

ほかの通信教育にはない、Z会幼児コースオリジナルの課題が、この「ぺあぜっと」。

通常のワークブックとは別に、例えば親子で取り組む工作であったり、後の理科への興味を引き出すための自然への興味づけであったり、物の重さや長さを測る経験をしたりと、日常生活の中で学びを取り入れながら遊ぶヒントになる冊子が毎月付いてきます。

幼児コースならではのミニ絵本も毎月ついてくるのですが、それと連動していたりするので、ちょっとしたお出掛けのスキマ時間にも学びのヒントを子どもと探すことができます。

何かの分野にだけ偏ることなく、多くの発見ができる視点を持って欲しいと子どもに願う保護者の方にとても響く内容です。

のちの添削問題提出の土台作り、「ぺあぜっとシート」

Z会幼児コース(通信教育) 添削問題提出の土台作り「ぺあぜっとシート」

上写真は、のちの添削問題の習慣作りにもつながる「ぺあぜっとシート」というもので、毎月テーマがありそれを担任の先生に郵送し、お返事をもらうというもの。

ただ先生と子どもが絵とお手紙を交換するというものではなくて、親子で絵を書く前後に話し合ったり、そこから考えたりする課題なので想像性が大きく育つことが期待できそうです。

本当に身になる、価値のある付録教材

Z会幼児コース(通信教育) 付録教材

小さい子供向けの通信教育(通信講座)の受講で保護者の方にとって気がかりなのは、付録やおもちゃがどんどんかさ張ってくることではないでしょうか。

Z会幼児コースの通信教育では電子系のおもちゃは一切付いてきません。工作のようなタイプの紙の付録も、ただ子どもの気を引くためだったり、覚えるためだけのものではなく、必ず思考力や発展性を促すようなものばかりです。

上手に活用すれば、Z会幼児コースの通信講座自体が、何冊ものこども向け図鑑になることでしょう。

Z会幼児コースの学年別(年少・年中・年長)おためし教材無料プレゼント!


Z会幼児コース(通信教育)の適性と始める年齢は?

Z会幼児コース(通信教育)の適性と始める年齢

Z会の幼児コース(通信教育)は、文字などの知識系のワークのスピードはそこまで早くはなく、むしろ余裕を持って取り組むカリキュラムですが、大切なのは思考力・想像力を育てる要素です。

この教材は、学習意欲が充分にあったり、また興味を持ったことであれば少し難しいことでも諦めずに取り組むことのできる辛抱強さを持っているお子さんに向いていると思います。

ドリル系の教材ではなく、発展性のある通信教材なので、「まずは文字だけ」と考えている保護者の方にはなかなか負担が大きいかもしれません。

Z会の幼児コースは年少さんから開講されています。子どもが勉強を勉強と意識する前のこの時期がZ会の一番の始め時です。

親子で取り組む課題が多いので、お母さんと一緒に何かを成し遂げていくことでお子さんの自己肯定感の獲得にもつながっていくでしょう。

Z会幼児コース(通信教育)の費用は?

「Z会の受講費は高いのでは?」と思っている保護者の方が私の周りでも多くいましたが、未就学児向けの幼児コースは、このクオリティで、この値段で良いのかと疑ってしまうほど、手頃な金額です。

ここでは手軽に始められる月額支払料金で紹介します。

・年少コース:2,060円/月
・年中コース:2,700円/月
・年長コース:2,800円/月

(引用元:Z会公式サイト)

年払いや6か月払いだともう少し安くなるので、すでに受講を決めた方であれば選択しても良いのではないでしょうか。

Z会幼児コースの学年別(年少・年中・年長)おためし教材無料プレゼント!

Z会幼児コースがおすすめなのは?

Z会幼児コースを選ぶポイントとしては、子どもの学力の質をどの程度求めるかによると思います。

Z会の幼児コース自体は、小学校受験対策が施されているものではありませんが、カリキュラムを全体的に見ても通常の学習を行うよりも発展性のあるものになります。

後の中学受験・高校受験の時に難関校を子どもが狙うことを見据えて今からしっかりとした学習の基礎を作り、プラスアルファの能力を幼い頃から付けさせていきたいと考えているご家庭におすすめです。

通常のワークブックよりも少し難しいものも多いので、まず勉強自体が難しくて嫌だ!となってしまいそうなお子さんのタイプの場合は、慎重に選択した方が良いでしょう。

将来的にZ会の通信講座(小学コース・中学コース・高校コース)の受講や、通塾を考えているお子さんであれば、今からじっくりと問題に取り組む癖をつけていくためにもおすすめできます。

Z会幼児コース(通信教育)の親の負担は?

Z会幼児コース(通信教育)の親の負担は?

Z会幼児コースの通信教育は、はっきり言って親の手がかなりかかります。先の項目で紹介した通り週末課題もあり、ワークブックもインタビュー形式など、親が解説してあげて、初めて成立するような問題もあるからです。

幼児コースの間は、「自分でやって、できたら見せてね」が出来ない構成になってしまっています。

共働きなど時間が取れないご家庭だと、どんどん教材が溜まってきて保護者の方の心の負担になってしまうことがあるかもしれません。

まずは体験教材を取り寄せて、ご家庭でZ会に割く時間が取れるかをシュミレーションしてみましょう。

Z会幼児コースの学年別(年少・年中・年長)おためし教材無料プレゼント!


Z会幼児コース(通信教育)を習わせて良かったこと

Z会幼児コース(通信教育)を習わせて良かったこと

わが家の娘はこの春小学生になりましたが、Z会幼児コースの通信教育で、基本的に考える問題に多く取り組んできたこともあり、難しい問題が分かる楽しさをすでに感じているようです。

ただ上手に文字を書くだけのドリルなら市販のものがたくさんありますが、これから子ども達に必要になってくる「自ら学習に取り組む意欲と思考力」を育ててくれるところが、このZ会幼児コースの魅力と言えるでしょう。

小学校入学後も意欲的な毎日を送っている娘を見て、Z会幼児コースの通信教育をさせて良かったな、と思っています。

年長さんの冬頃から始まる小学生準備問題に取り組めば、Z会の一年生コースに上がった時も困難さを感じることなくスムーズに移行できるでしょう。

「うちの子、Z会幼児コースの通信教育に興味を持ってくれるかな?」と気になるなら、無料でおためし教材をもらえるので、実際にお子さんに手渡して反応を見てみてはいかがでしょうか。

Z会幼児コースの学年別(年少・年中・年長)おためし教材無料プレゼント!


(文 kina0518、編集 子供の習い事ガイド)


スポンサードリンク
スポンサードリンク

子供の通信教育/通信教材へ戻る